虐待は、"禁止"された行為です!

都城市障害者虐待防止センターとは?

障害者虐待防止法(平成24年10月1日施行)では、「何人も障がい者に虐待をしてはならない」と定められています。
都城市障害者虐待防止センターでは、障害者の虐待防止に関係機関と連携して取り組みます!

虐待の種類

  • 家庭内虐待→障がい者の養護者(家族、親族、同居人など)による虐待
  • 施設内虐待→障がい者福祉施設や障がい福祉事業所等で働いている職員等による障がい者虐待です。
  • 職場内虐待→障がい者を雇用している事業主等による障がい者虐待です。

業務内容

  • 養護者、障害者福祉施設従事者等、使用者による障がい者虐待の通報、届出の受理
  • 養護者による障がい者虐待の相談、指導、助言
  • 障がい者虐待防止に関する広報、啓発活動。

「これって虐待かな?」と思ったら、ご連絡・ご相談ください。
通報者の情報は守られます!(匿名でも結構です)

お知らせ

一覧へ

現在、お知らせはありません。

お問い合わせ

都城市障害者虐待防止センター
〒885-0077 都城市松元町4街区17号 都城市総合社会福祉センター
連絡先:Tel 0986-26-0294(祝日及び夜間 080-8394-0326)Fax 0986-26-0333
メール:g-boushi@m-syakyo.or.jp